スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レモンバーベナ

040



                       ( 写真撮影 2012.6月下旬 )



 * レモンバーベナ *



  LEMON VERBENA クマツヅラ科 落葉性低木



    ( レモンバビーナ・こうすいぼく・ベルベーヌとも呼ばれる)



   何度植えても、枯れてしまっていたレモンバーベナが、



  ミズヒキ草の茂みの中に、小さいながら生えているのを発見しました。



   なんと戸外で冬越ししたようで、まったく初めてのことです。 



  うちの庭では、なかなか大きくならず、冬を迎える前に



  見あたらなくなるのですが、冬越ししていたとは驚きです。



   半日陰で、ミズヒキ草の群れの中にうもれていたので、



  もっと日当たりのいいほうが良いのかと思い、



  6月下旬に、日のよくあたる花壇へ植え替えました。



   レモンバーベナの原産地は、中南米ということですから、



  暑いくらいの気候や条件のほうが育つのでしょう。



   葉っぱは、ほんとに爽やかなレモンの良い香りがします。



   葉っぱを収穫して、生か乾燥させてハーブティーにしますが、



  あまり旺盛に育たないため、うちでは大変 貴重です。



   地球温暖化で、岡山も夏すごく暑くなったので、



  案外 これから大きく育つかもしれません。



   爽やかなレモンの香りは、嗅ぐだけで、



  気分を爽快にさせてくれます。



   消化を助け、吐き気をおさえたり、



  身体を温めてくれたりという効能があるそうです。



   これから、旺盛に育ってくれれば、



  夏に飲みすぎ 食べすぎで胃腸が弱った時、



  すごく有り難く 重宝なハーブなんですが・・・。



   レモンバームや、レモングラスのように、



  どんどん茂って大きくなるハーブと違い、



  落葉性の低木なので 育つのがゆっくりで、



  気長に成長を待たないといけないハーブです。

スポンサーサイト

ジャーマンカモミール

037



                         ( 写真撮影 2012.6月下旬 )



 * ジャーマンカモミール *



  German chamomile キク科 一年草 (カモマイル・カミツレとも言う)



  ジャーマンカモミールは、ほんとうに可愛い花です。



 白い花びらの小さい小花なのに、不思議なことに



 甘酸っぱい りんごの香りがします。



  カモミールの花には、ジャーマンカモミールと



 ローマンカモミールがあります。



  ジャーマンカモミールのハーブティーは、



 綺麗な黄色で 飲みやすく美味しいですが、



 ローマンカモミールは、少し苦いような気がします。



  育てやすいし、人気なのは やはり



 このジャーマンカモミールでしょうか。



038



  ジャーマンカモミールは、一年草ですが、



 翌年 こぼれ種で増えていきます。



  今年の春、野菜畑で たくさん芽吹いたカモミールを、



 花壇の一箇所にまとめて植えたら、



 元気に育ち、カモミールがたくさん咲きました。



  カモミールティーが好きなので、今年は



 たっぷり飲めると期待していましたが、



 この梅雨の長雨で 今日 庭に出たら



 花が ほとんど腐ってしまったような状態になっていました。



  がっくり・・・。この写真の状態の時に、



 収穫しておけばよかったです。



  ジャーマンカモミールの小さな花は、水分に弱いようです。



036



  ジャーマンカモミールは、ハーブのなかでも



 間違いなく 誰にでも優しい花という感じでしょうか。



  ピーターラビットのお話でも、



 風邪気味で体調をくずしたピーターに、



 お母さんが飲ませているのが このハーブティーです。



  ジャーマンカモミールティーは、このように



 風邪気味の時や、なんとなく気分がすぐれない時、



 またなかなか寝付けない時などに効果があります。



  精神的に不安定な時や、食べすぎなどで、



 胃腸がもたれる時も 飲むとすっきりするようです。



  イギリスのハーブの事典を読むと、



 ジャーマンカモミールティーは、鎮静効果があり、



 また、小さい子供にも飲ませられるので、



 落ち着きのない子供に よく効くと書いてあります。



  ジャーマンカモミールは、また胸やけや下痢、



 生理痛や、月経前の編頭痛なども



 和らげる効果があるとされています。



  ヨーロッパでは、家庭の常備薬として



 使われてきた すごく役立つハーブです。



085



  庭や、鉢植えのジャーマンカモミールは、



 天気の良い 午前11時頃、



 花の部分だけを 指ですくいあげるように



 摘み取ると良いようです。



  花の真ん中の黄色い部分が、



 盛り上がる前に、摘み取ります。



  新鮮な花なら 一人分大さじ1杯ほどの花を、



 沸かしたてのお湯で5分ほど蒸らしてから飲みます。



  市販の乾燥したジャーマンカモミールなら、



 一人分小さじ1杯ほどを 沸かしたてのお湯で



 3分蒸らしてから 飲みます。



  春から初夏に収穫したジャーマンカモミールも、



 乾燥させて密閉瓶や缶に保存すれば、



 長く楽しめます。



  寒い冬の季節など特に、眠る前に飲めば、



 身体も暖め、心も落ち着かせてくれて



 最高のハーブティーです。



  ただ保存には気をつけないと、



 ジャーマンカモミールは、虫がつきやすく



 かびやすいので、保存する前には



 よく乾燥させることが肝心です。

猫が恋するキャットミント

 猫が大好きな香りのするハーブは、キャットミントです。



 ほんとかどうか、春にキャットミントの苗を植えて うちの猫で試してみました。



 結果は・・・、ほんとに飛びついてきます。葉っぱを切って家に入ると、匂いでわかるみたいで、目の色を変えて、すぐに寄って来ます。



 そして顔をすりよせてゴロゴロ。 うっとりした顔をして、葉っぱに身体もスリスリ。



 しばらく、キャットミントから離れません。



 うちの猫には、マタタビよりも効果があるようです。



Dscn9445



 キャットミント(Catmint)は、シソ科の多年草です。



 花壇に植えましたが、虫も あまりつかず、いつのまにか大きくなっていました。



 カゴに入れて、乾燥させたものを 布にくるんで、猫の寝る座布団の上に置いてやっています。落ち着くみたいで、ますます よく寝ています。         



Dscn9460

レモングラスの大株

 レモングラスは丈夫で、手間もかからず育てやすいハーブです。



 何年も前に植えた小さなポット苗が、今ではこんなに大株になりました。



 ただ、レモングラスは、寒くなる前に掘り起こして、鉢に植え替え、家の中にいれてやらないと枯れてしまいます。



 十年以上前は、この岡山県南部でも、つい植え替えを忘れて、冬も庭に植えたままだと、冬越しできず枯れてしまったものです。



 それが、この地球温暖化の影響でしょうか、冬でも庭に植えたままで冬越しできるようになりました。



 腐葉土かワラを株のまわりにおおってやるだけで、枯れなくなったんです。その上、夏の間の成長が早いこと早いこと。



 どんどん大きくなるので、有り難いことに、おしげなくたくさん収穫でき、いくらでもレモングラスハーブティーが楽しめます。



 植えっぱなしでも、みごとに成長してくれる、おすすめのハーブです。



Dscn7910

癒しのハーブ・レモンバーベナの苗の写真

Dscn7112

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
板野 桂子
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
土いじりをしていると、無心になれます。

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。