FC2ブログ

冬の半田山植物園

2011_513_2



 ( 写真撮影 岡山市北区法界院 岡山市半田山植物園 2012.1.13 )



  冬の半田山植物園も、冬ならではの風景や花が楽しめます。



2011_700



 入り口すぐの、煉瓦の階段には 可愛い寄せ植えの花が・・・。



2011_691



 色とりどりのパンジーの花が綺麗です。



2011_697



 丸くて可愛いピンクの実のような植物もあります。



2011_552



 西の谷花壇には、大きな葉牡丹が たくさん植えられています。



2011_553



 日本の冬の花壇には、やはり葉牡丹は欠かせません。



 強くて綺麗で、そして長くもってくれて有り難い植物です。



2011_554



 しかし、半田山植物園のような広い花壇だと、



 葉牡丹の数もすごいものです・・・。ひとつの丸い花壇に



 約200株は植えられているんじゃないでしょうか・・・。すごい。



2011_562



  園内には、もう水仙の花が咲き乱れています。



  まだまだ寒い1月だというのに、もう春のようです。



2011_563



  水仙の花は、近づくと 良い香りがします。



  春の始まりの花たちは、黄色の花が多いですね。



  いち早く、虫たちに気づいてもらうためでしょう。



2011_640



  ロウバイの黄色の花も、ほんとに綺麗で良い香りです。



2011_584



  黄色いタンポポの花も、園内のあちこちで咲いていました。



  風が強い斜面に生えているタンポポの花は、



  すごく茎が短くて、なんとも けなげです。



2011_582



  なんと、桜の花が もう咲いていました。



  枝先に わずかばかりですが、ほんとに桜の花です。



2011_579



  薄い桃色の小さな桜の花が この寒い1月に 咲いています。



  1月で、もう桜が見えるとは思いませんでした。



2011_580



 樹木の名前の看板には、



 「 コブクザクラ  ( 子福桜 ) ・  バラ科 サクラ属



   ジュウガツザクラとシナミザクラの交雑種とされる



   1花に2~3個 実がつくので名がついた 」 と、書かれています。



2011_590



  春や夏より、花の数は少ないものの、



  冬ならではの、明るい雑木林はウォーキングには最適です。



  夏は うっそうとしている雑木林も 見晴らしのいいこと・・・!



2011_593



  半田山植物園内の一本松古墳の周りも、



  たくさんの遊歩道があり、歩くと汗をかくほどでした。



  何度も来ているのに、こんなに奥が広いとは思いませんでした。



2011_622



  湿性園や、サザンカ園 ツバキ園など、ぐるぐる歩くと



  ほんとに 良い運動になります。



  竹笹園があるということを初めて知りました。



2011_619



  縁起の良さそうな亀甲竹(キッコウチク)も植わっています。



2011_607



  蒜山などの県北に行かないと見れないと思っていた熊笹まで・・・!



  半田山植物園も 竹笹園まであるとは・・・すごい!



2011_635



  展望台からの眺めです。岡山の街が ぐるりと見渡せます。



  ちょっとした山登り気分が味わえ 気分爽快ですが、



  帰りの下りの階段では、膝が大笑い・・・します・・・。











  







サンシュユの赤い実

2011_523



  (写真撮影 岡山県岡山市北区  岡山市半田山植物園 2012.1.13)



  岡山市半田山植物園の入り口から入り、順路どおりに



  左側へ・・・ 洛陽牡丹園の側のロウバイを見て、



  さらに山側へと、ゆるやかなスロープを上がっていくと、



  冬枯れの木立の中に、際立つ赤い樹木が・・・!



2011_526



  ラクウショウの立ちそびえる池の側の斜面に、



  何本か 並んで立っている 樹木たち・・・。



  真っ赤な小さい実を、たわわに実らせています。



2011_527



  樹木に付けられた名前を見ると、サンシュユと書いてあります。



  サンシュユは、確か 線香花火に似たような雰囲気の



  はじけるような感じの黄色の花をつける樹木だったと思います。



  あの花の木が、冬には こんな感じになっているとは・・・!



2011_525_2



  回りの広葉樹は、すっかり葉を落とし さみしい感じなのに、



  このサンシュユの樹木だけは、この賑やかさ・・・! 



  2011_530



  こんなにたくさんの赤い実が、冬になっても残っています。



  野鳥たちも食べないとは・・・・・たぶん渋いんでしょう・・・。



2011_528



  サンシュユは、カタカナでなんとなく取っ付きにくい感じがしますが、



  ヤマグミともいうそうで、山グミと聞くと親近感がわきます。



  干した実は、漢方薬として使われ 身体に良い効果があるようです。



  赤はやはり、元気の出る色・・・。



  冬の林の中に、思いがけず嬉しい賑わいです。



2011_547



   ( 写真撮影 岡山市北区法界院 岡山市半田山植物園 2012.1.13 )



  岡山市半田山植物園の園内 正面から入り左側の奥



  西の谷花壇の中に、そこだけ陽が射したように



  アンネの薔薇が 咲いていました。



2011_543



   * スブ二ール・ドゥ・アンネ・フランク *



       Souvenir d Anne Frank



       ( アンネの想い出 )  



        ベルギー: デルフォルゲ 1960年作出



2011_541



  寒さ厳しい冬 1月に こんなに明るい綺麗な花を咲かせています。



  こんな真冬に薔薇の花が咲いているとは思いもしませんでした。



2011_542_2



  少し朱色の滲んだところがある黄色の花です。



2011_545



  逆境の中でも、快活さを失わず、



  明るく生き抜いた アンネ・フランクのように、



  凍える寒さの中でも、こんなに明るく綺麗な花を咲かせる



  奇跡のように美しいアンネの薔薇の花です。



   

半田山植物園の蝋梅・満開

2011_517



  ( 写真撮影 岡山市法界院  岡山市半田山植物園 2012.1.13 )



  岡山市半田山植物園では、今 蝋梅の花が満開です。



  正面ゲートから入り、左側 洛陽牡丹園の側に、



  4本ほどのロウバイが、並んでいます。



2011_516



  まだまだ 花の少ない園内で、ここだけが春のよう・・・!



  近づくと、すごく良い香りがしてきます。



  蝋(ろう)のように、薄く透けて見える黄色の花びらなので、



  蝋梅(ろうばい)の名前がついたのでしょうか・・・。



  ほんとに、蝋細工のような繊細で 美しい黄色の花です。



2011_518



  ロウバイの花は、まだまだ寒さが厳しい この1月から、



  こんなにも明るく咲いて、春の訪れを予感させてくれる、



  なんとも有り難い お花です。



  近づいてみると、ほんとに春の香りがします。



2011_515

ルドベキアの花の丘

151



  (写真撮影 鳥取県西伯郡南部町鶴田110 とっとり花回廊 2011.8.13)



 8月中旬、鳥取県のとっとり花回廊の、



 花の丘では、ルドベキアの花が満開でした。



146



 とっとり花回廊の花の丘からは、大山が見えます。



 はるかに広がる雄大な、素晴らしい借景です。



153



 手前には、オレンジ色のマリーゴールドの花畑が、見えます。



 この夏、なんと10万株の夏の花が、咲き誇っていたそうです



 こんなに広大な土地に、こんなに広い花畑・・・!



 さすが、広い広い砂丘もある鳥取県、



 花畑にしても、スケールが大きいです。



152





六月の熊山英国庭園

 六月下旬の熊山英国庭園です。



Img_5434



 六月下旬は、もう薔薇が ほとんど終わり、



 熊山英国庭園は、訪れる人も少なく、静かな感じでした。



Img_5468



 時期をはずしたと思いましたが、



 いままで見たことのない花に出会えて



 かえってラッキーでした。



Img_5429





 私は、このあじさいの花を 初めて見ました。



 すごく花の大きい 純白のみごとな 豪華なあじさいです。



 調べたら、ハイドランジア・アナベルという巨大輪みたいです。



Img_5484



 名前は わかりませんが、



 こんな すごく小さい可愛い花も 初めて見ました。



Img_5470



 薔薇のあとには、百合たちが咲き誇っていました。



 百合の花は、なんともいえない気品があります。



Img_5454



 池のほとりには、ホタルガヤが繁り、黄色いカラーの花が咲いていました。



Img_5460



 黄色いカラーの花は、独特の存在感があります。



 そこだけスポットライトを浴びているかのように 輝いて見えます。



Img_5439



 薔薇も終わり、寂しいかと思われた英国庭園ですが、



 意外にも たくさんの花が咲いていて、楽しい庭でした。









 

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR