パン屋さんのチラシのイラスト

img183.jpg
友人のぱん屋のチラシのイラストです。
img186.jpg

img197.jpg
(ぱん屋のチラシ2015年冬号)
スポンサーサイト

ぱん屋のチラシ2014冬号

img066.jpg
友人のぱん屋のチラシ2014年冬号です。
もうすぐ、クリスマスですね。
友人のぱんやのクリスマスシュトーレンを口にすると、
ああ、もうこの季節がやってきたのだなと思います。
冬になると、あったかい手作りの食べ物は最高です。
焼きたてのパンやピザなどは、ほんとに美味しいですね。
友人の「小麦酵母のぱん屋」のパンたちも、
家族三人で、毎日心を込めて作っているので、
暖かい家庭の味がします。
機会があれば、ぜひ召し上がってみてください!
img073.jpg

「ぱん屋便り」2013秋冬号

Photo_2



友人の「ぱん屋」の久しぶりのチラシ出来ました。



小麦酵母のぱん屋の2013年秋冬号です。





今年も、クリスマスのドイツの伝統菓子パン・シュトーレンの



12月期間限定予約販売始めています。





そして、小麦酵母のぱん屋の隣には、



「ぱん屋」ファミリーのお友達の喫茶店がOPENしました!



モーニングのパンは、「ぱん屋」の、



モーニング用ミニパンの中から、選べるようです。



ぱん屋のパンも、ぱん屋で選んだものを、



店内で召し上がっていただくことも出来るようです。



「小麦酵母のぱん屋」ともども



よろしくお願い致します。



Photo_2



    あけましておめでとうございます



      昨年も「ゆめのさんぽみち」に、



        遊びに来てくださり、ありがとうございます。



      今年も、花の写真や、妖精や小人の絵を、



        時々載せていきたいと思ってます。



      また今年も、お暇なときに「ゆめのさんぽみち」に



       遊びにいらしてくださいね。



      今年も、どうぞよろしくお願い致します。



      2014年が、皆様にとって 素晴らしい一年と



       なりますようにお祈りいたします。



                     2014年  元旦



       

小麦酵母のぱん屋便り・2012冬号

Photo



    友人のパン屋の冬のチラシ作りました。



   このチラシに載せているカンパーニュも、



    カップケーキも、シュトーレンも、



   試食させてもらいましたが、美味しかったです!



    特に、クリスマスの時期にしか売られていない



   ドイツ伝統のクリスマスのパン・・・シュトーレンは、



    なんとも大人の味わいです。



   詳しくは、「倉敷市茶屋町の小麦酵母のパン屋」



    のブログで、是非 ご覧ください。



    「小麦酵母のぱん屋」 http://komugikoubo.blog.fc2.com/



2012_350



  大きいサイズのシュトーレン・・・すごく手間隙かかっているし、



   材料も、すごくいいものを使っているので、1700円と



  お値段は高めですが、大人の深い味がします。



   高級なクリスマス菓子だけあって、



  他のパン屋さんでも きちんとした材料で、



   本格的な作り方をしているものは、やはり



  どこも同じくらいの値段か、もっと高いみたいです・・・。



2012_363



  シュトーレンなど食べたことがないという人は、



   この小さいサイズ (1個 ¥320 )がいいかもしれません。



  小さい方は、マジパンは入っていませんが、



   こちらのほうが、パン生地に近い食感です。



 マジパン(アーモンドの粉末とシロップをペースト状にしたもの)が



  はいると 焼いてすぐのものは、サクサクとした食感です。



 友人の話によると、1ヶ月は 日持ちするので、



  寝かすと、12月末のクリスマス頃には、



 洋酒漬けのドライフルーツと生地が馴染み、



  熟成された深い味になるそうです。



 そして、一日に1枚ずつスライスして食べ、



  味の変化を楽しむのだとか・・・。



 ワインのように、熟成するのを待つ、



  こんな大人のお菓子・・・うーん、渋い・・・。



 そんなパンだとは、つゆ知らず、



 去年は、パン屋さんから持ち帰ると、



  すぐに全部食べてしまいました・・・。



 今年は、ちゃんと友人に言われたとおり、



  きちんと包んで、冷暗所にキープ。



 ほんとか、どうか、どんなに味が違うのか、  



  クリスマスの日に食べるのが楽しみです。







   



   



 

「小麦酵母のぱん屋」さんの看板

2012_019



  友人の「小麦酵母のぱん屋」さんの看板が、やっと出来上がりました!



 丸いベニヤ板に、アクリル絵の具で描き、



 ニスを塗って仕上げています。



  真ん中には「小麦酵母のぱん屋」のマスコットキャラクター



 クマの「ムギタくん」のイラストを描いています。



2012_027



  丸い看板は、トレリスに引っ掛ける形になっています。



  トレリスは、手作りのプランターカバーに取り付けて、



 立つようにしています。白いペンキを塗りました。



  看板の下には、「営業中」の文字を書いた札を・・・。



  そして 裏には、「CLOSE」と書きました。



2012_032



 全体を裏から見ると、こんな感じです・・・。



2012_033



  後ろのプランターは、引っ付けて置いているだけで、



 分けて別の場所で 使えるようになってます。



  最初の計画では、前後からトレリスを支える予定だったのですが、



   プランターカバーひとつだけで、けっこう しっかり



 トレリスを支えることが出来たので、分けることにしました。



  このほうがスリムで、駐車場で、幅をとりません。



 金具やネジくぎで、しっかりトレリスを補強しました。



  腕がプルプル・・・。やっと完成・・・。(涙)



 



  あとは、このプランターに、友人とお母さんが、



 どんな花を植えてくれるか、後日 見るのが楽しみです。



283



 こちらは、店内用の「ムギタくん」の看板です。



 小さいイーゼルにのっけています。



  こちらは 今 パンの陳列棚の隅に置いてあります。



287



  A4サイズの紙の方は、



 店のガラスのドアに貼っている



 「ムギタくん」の小さいポスターです。



 「いらっしゃいませ!毎度ありがとうございます」と、



 営業時間等を 印刷しています。 



  「小麦酵母のぱん屋」も地元密着型なので、



 昔なじみのお客さんが ほとんどということで・・・、



  このクマの看板を見て、若いお母さんとちびっこたちも



 親しみを感じて、パンを買いに来てくれたら、



 嬉しいなあ・・・と願いつつ、製作致しました。

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
板野 桂子
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
土いじりをしていると、無心になれます。

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR