FC2ブログ

10月4日へんなヒナ、クイナのヒナと判明!

☆なんとクイナのヒナだった!10月4日☆



3日の夜から、しとしと小雨が降り続き、あのヒナや子猫のことを心配してました。子供が学校から帰ってきたら、あのヒナを置いた場所へ行って見ることにしてました。しかし、どうも落ち着かない。いったいあのヒナは何物なのか!?インターネットで探しましたが名前がわからないため難航。写真も成鳥はでてても、ヒナの時の写真まで出てません。



と、「そうだ!」と「倉敷市立自然史博物館」のことが頭に浮かびました。こどもと時々行きますが、地元の動物や鳥、虫などの生態系についても詳しく研究、展示してあります。きっと地元の鳥についても詳しいに違いない!



そこで、さっそく電話してみました。質問の内容を言うと、鳥に詳しい先生に代わってくださいました。状況や鳥の様子を詳しく言うと、「みずかきはありましたか?」「ありません」「周りに大きな池はありますか?」「ありません」の応答のあと、すぐさま



「みずかきがないのなら、たぶんバンかクイナでしょう」との返事。はやっ!おそるべし!倉敷市立自然史博物館研究員!すごい! そして、このような内容のことを教えてくださいました。



「ヒナが助けを求めて鳴いているようにみえても、実は親鳥が餌を探しにいっているだけということも多いので、野生の鳥に関しては、手を出さずそっとしておくのが一番いいです。



ヒナは、すごくたくさんの量の餌を食べますので、もし飼うとしたら、常に餌をやり、めんどうみるのは大変で、結果的には残念なことになることが多いですし、自然の中でも自然淘汰という形で、やはり生き残るヒナの数は少ないものです。



助けたところから、そんなに動かしていないのなら、たぶんは母鳥が、様子を近くで見ていたはずですから、見に行かれても、たぶんいないと思いますよ。もう近づかずに、ソッとしておくのが一番だと思います。」とのことでした。



ありがとうございました。鳥担当の先生!午前中いっぱいかけても、わからなかったことが、聞いて五分ですぐ解決!



さっそく、もいちどインターネットでバンとクイナを調べると、「あっ!」とおどろき!クイナって、この鳥、以前うちの前の道路をすごい勢いで走っていった、あの鳥だーーー!見たことのない鳥を見たと、ひとりで大騒ぎしてたの、思い出しました。



この内容を、Sちゃんママに、いそいで報告。



「えーーー!!それじゃあれは、おぼれていたんじゃなかったのねーーー!?わたしは、いらんことをしてしまったのねーー!!」



「はい・・・」(笑)



ともかく、ヒナをおいて帰ったのは正解だったわけで、「どうか母鳥が連れて帰ってくれてますように!」と祈るばかり!はたしてヒナの運命や、いかに!?

スポンサーサイト



プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR