FC2ブログ

ついでにもひとつクイナエピソード

たしか、このブログは「猫日和」。保護した子猫ナナちゃんの思い出話を綴ろうと始めたはず・・・。



しかし気づけばクイナの話ばかり。これもすべて、クイナのヒナを救出?したSちゃんママのせいに違いありません。



そのSちゃんママは、「うん!『猫日和』より『あぜ道便り』のほうが、あってる!」とのコメント。確かに・・・。



いつかは、「リベンジ!焚き火で焼き芋!今度は作ろう!食べられる焼き芋!の固い決意!」についても書きたいし。田んぼのそばで暮らしていると、書きたいことは、山ほどあります。



わき道に、それたついでにクイナの話を、もうひとつ。ありました!もう一度クイナに出会ったことが!



それは、おとどしの稲刈りの日。



本家のおじいちゃんは、軽快にコンバインを動かし、実った稲を刈り取っている、その真っ最中。本家のおばあちゃんとおねえさんと、私も微力ながら、稲刈りの手伝いをしておりました。



娘と本家のいとこNちゃんは、網を持って、田んぼの横の用水路で魚とりをしておりました。キャーキャーいいながら、「とれたーーー!とれたーーー!!!」と大騒ぎしてる様子でした。



「大きいフナでも、とれたんかな?」と思って見ると、向こうから二人が、すごい勢いで走ってきました。



「おかあさーーーん!なんかへんなのが取れたあーー!」と、叫んでいるので、ふと網の中を見ますと、なんかよくわからない塊と三本指みたいな足が網にはりついているのが見えました。



「う、うしがえるだあああーーー!」とっさに私はにげました。猛ダッシュで力の限り!それなのに二人ときたら、



「おかあさーーーん!ちがうんだってえーー!」と、叫びながら追いかけてきました。



「ひえーーーー!たすけてえーーーー!」叫び、走りもう私はパニック状態!私は、なにが苦手と申しまして、カエル、しかもウシガエルにいたっては卒倒しそうなくらいこわいのです。



しかし悲しいかな、日ごろの運動不足がたたり、とうとう追いつかれ、もう万事休すかと思ったら、娘が怒って、



「もう!おかあさん!カエルじゃないって!」



「じゃ、なに!?」と、こっちも怒鳴ると、



「川で鳥をすくったあー」との答え。



「は?」と、よく見ると、確かに見たことのないへんな鳥が、網の中でもがいています。大きさは15センチくらいだったか、茶色いっぽい足のでかい鳥でした。



「もう!早く返しておいで!」



「えーーー!?また川に?おぼれるよお!」



「どっか田んぼの向こうの向こうのほうに置いておいで!」



今、思うと、たぶんあの鳥もクイナにまちがいありません。娘いわく、



「向こうの田んぼに放したら、トットットッて走って、どっか行った」そうです。



ヒナと成鳥の中間ぐらいだったのでしょう。



珍しい鳥クイナを、三回も見れて、ほんとに私はラッキー!?(ほんとにラッキー!?)です。

スポンサーサイト



プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR