FC2ブログ

ナナちゃんおびえ猫に逆もどりの巻(超おびえ猫ナナちゃんの話No.77)

 2005年12月9日、朝 部屋へはいると、こたつから出てきました。しかし、ずいぶん落ち着きがなく、すごくびくびくしています。



 やはり動物病院へ行き、ワクチンを打ってもらった記憶が、まだ このちっこい頭の脳みその中を ぐるぐる駆け巡っているのでしょう。



 しかも昨日は、動物病院の診療時間を間違えていったために、パパと娘とカゴのナナちゃんは、行ったり帰ったりを二回も繰り返しました。



 ナナちゃんにしてみれば、捕まえられてカゴに入れられ、揺られてなぜか、また部屋に放され、そしてまたカゴに入れられ、注射を打たれ、・・・という恐怖の繰り返し。



 まあ、おびえるのもしかたありません。よほど怖かったのでしょう。ニャーニャー鳴きながら窓のあたりを、うろうろしています。



 食欲もなく、私と目もあわせようとしないし、なんだか保護した直後にもどったみたいです。



 まあ二、三日すれば、もとに戻るでしょうが、やはりこの狭い部屋に、ずっと押し込めてはおけないみたいです。



 猫が飼いたいと言ってくれていた中学生のSUGIさんですが、試験の結果がよかったら、お許しがでると、IGUさんから聞きました。



 その後、連絡がなかったから、もうだめかと あきらめていたけど、試験勉強、がんばってたんだね。ガンバレー!SUGIさん!と私も心から応援するばかりです。



 ナナちゃんの里親募集のポスターは、机の引き出しに ずっと入ったまま・・・。どうか、貼らずにすみますように。



スポンサーサイト



プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR