FC2ブログ

ナナちゃんの未来はいかに・・・?の巻(超おびえ猫ナナちゃんの話No.79)

 2005年12月17日、 少し落ち込んでいましたが、やっと気持ちが ふくらんできました。 



 ナナちゃんが飼いたいと言ってくれていたSUGIさん、やはり家族の反対で飼えなくなったらしいのです。



 試験では、いい成績がとれたらしいのに、なぜなのかはわかりませんが、仕方ありません。SUGIさんも がんばったのに 気の毒です。



 IGUさんから、伝え聞き、がっかり気落ちしてましたが、やっと気持ちを立て直しました。



 今はナナちゃんのために、できるだけのことをしてあげようと思っています。



      ..................捨て猫の



             この やわらかいあたたかさ



             救われたのは



             わたしの こころ..........................



 迷い猫か、捨てられたのか、この小さな命が我が家へやってきて、悲喜こもごも いろんなことがありました。



 ほんとにもう どうなることかと泣きたくなることも多々ありましたが、そのたび家族や友達たちに助けられ、なんとかここまでこれました。



 このナナちゃんを助けたつもりになっていましたが、今こうして振り返ってみると、救われ、癒されたのは きっと私の方だと思うのです。



 これから先も どうなるか少し不安だけど、こんなにかわいい、いい子だもの。きっと優しい、いい里親さんにめぐり合えるに決まってる、と信じることに決めました。

スポンサーサイト



ナナちゃんのおかげ、の巻(超おびえ猫ナナちゃんの話No.78)

 2005年12月13日、 すごく寒いです。いや寒いなんてものじゃなく、凍りつきそうです。まるで、フリーザーの中にいるみたいです。



 冷え性の私には、過酷な日々が続いております。



 しかし、ナナちゃんをじゃらすため、二階のこの六畳の子供部屋に来るようになり、意外にも この部屋が、うちの中で一番暖かいことを発見しました。



 ナナちゃんを保護するまでは、物置状態で、ほとんどはいることがなかったので気づかなかったのです。



 獣医さんから、少しづつミーニャと会わせていいと言われましたが、まだ会わせてません。SUGIさん、試験どうだったのかな・・・。



 まだ、いつものように毎朝ナナちゃんのごはんを運び、こうして遊んでいるのです。



 ナナちゃんのおかげで、この部屋が暖かいこともわかったし、何より三日坊主の私に、こうして毎日のように日記をつける癖もつけてくれたこと、それが一番ありがたいと思うのです。



 里親さんにお渡しするとき、ナナちゃんの病歴をお伝えしようと、始めた「ナナちゃん日記」ですが、それがいつしか私の習慣になり、楽しい趣味のようなことになりました。



 ナナちゃんのためと思いしたことですが、実は全部自分のためになり、何倍もの恩恵をいただいてることに、今 気づいています。



 ナナちゃん、ありがと。診療代や薬代それに餌代、ワクチン代と家計はかなり苦しいけれど、心は ふっくら豊かになりました。



 なぜかついでに体つきも・・・。うーーーん。それはちょっと・・・。

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR