FC2ブログ

ふうせんかずらの小さな花

 台所の小さい窓辺に挿していた、ふうせんかずらに



 小さな可愛い花が 咲いていました。



Img_6059



 エビスビールの缶のイラストの恵比寿様が、



 笑顔で、可愛い花を 愛でているようです。

スポンサーサイト



青い空と水田

 今年は猛暑で、処暑を過ぎても、日中はいっこうに涼しくなりません。 



 それでも 空は 夏空から秋の空へと 少しずつ変わってきているようです。



Img_6002



Img_6001



 岡山県の美咲町の方では、もう早稲の稲刈が始まっているようですが、



 岡山南部 この辺の稲は まだまだ青々としています。



 もうほんとに約一ヶ月間ほど まとまって雨が降っていませんが、



 岡山は三大河川の豊かな水量に恵まれているので、



 まだまだ水不足の心配はないようです。

簡単手作りクッキー

 *** 簡単手作りクッキー ***



Img_6022_2



  簡単で、でもすごくおいしい手作りの甘さ控えめクッキーです。



  材料さえあれば、食べたいと思って作り始めて30分で食べられます。



  バターたっぷりでサクサクした贅沢なクッキーです。 ぜひ お試しを!



    *** 手作りクッキーの材料 ***



       バター   ・・・・・・・・市販の普通サイズのバターひと箱の半分



                    ( 約100グラム )



       卵の黄身 ・・・・・・・ 一個 (黄身だけ使います)



       粉     ・・・・・・・・・130グラム



       赤砂糖  ・・・・・・・・・30グラム





  *** 手作りクッキーの作り方  ***



    * バターを小さいお皿に入れて、ふんわりラップをかけ、



      電子レンジで、600W 20秒から30秒 チンして、溶かします。



Img_6004



  * ボールに 材料を全部入れて、手でこねます。



Img_6005



 * 材料を こねたら、小さく丸めて 平たくし、



   アルミ箔かクッキングシートをしいた天板に、並べておきます。



Img_6009



  * オーブンで160度で下段で15分、上段で5分焼きます。



Img_6015



  * おいしそうな焼き色がつけば、出来上がりです。



**************************************



   これは、作家 森村桂さんのレシピを、少し自分好みに変えたものです。



   この素朴な手ごねのクッキーは、疲れて一休みのとき 最高です。 



   ほっとする、暖かい優しい味です。



   森村 桂さんのレシピだと 小麦粉が、120グラムですが、



   これだと あまりにも くずれやすいので 粉を足してみました。



   森村 桂さんのレシピは、ほんとに簡単で、



   泡だて器も使わず、食べたいときに、すぐできるお菓子ばかりです。



   「天国に一番近い島」を書いた作家 森村桂さんですが、



   今は、天国から いつも 見守ってくれていることでしょう。



   OLの頃、軽井沢の森村桂さんの喫茶店



   「アリスの丘のティールーム」に行き、素朴な焼き菓子と、



   森村桂さんの一生懸命な姿や、優しい笑顔に癒されました。



   お菓子で、まわりの人を笑顔にしたいと 頑張っていた桂さん。



   森村桂さんのレシピがある限り、森村桂さんの夢は永遠に不滅です。

ごちゃごちゃと飾ってます

 連日の猛暑で、花を部屋に飾っても、



 すぐに水がなまぬるくなり、枯れてしまいます。



 でも、丈夫なつる性の植物なら、けっこう長くもってくれます。



Img_6014



 恵比寿さまのイラストのついたエビスビール。



 笑っている恵比寿様が可愛くて、なんとなく捨てれず、



 花瓶にしてみました。



 七福神の神々は、目に触れるだけで 有り難い感じがします。



 最近 七福神の本を書店で見つけ、



 つい 買って読んでみました。



 本の題は、「七福神で夢を叶える」 今津正美 著です。



 (株式会社アメーバブックス新社発行・幻冬舎発売)



 気功の教室に通ったことが きっかけで、



 見えないものが見えてきた著者の体験談の話ですが、



 ほんとに 面白い話ばかりです。



 見えてきた七福神の様子のユーモラスなこと・・・。



 七福神の神さまたちは、うきうきわくわくと喜んでいる人に



 つきたがっているという話とか、身体の叫びが聞こえる話とか・・・。



 こんなふうに見えない世界が見える人の話は、



 価値観が変わって ほんとにおもしろいものです。

後楽園・幻想庭園

 先日、用事で街に出たついでに、



 岡山市後楽園の「幻想庭園」へ行ってみました。



 日本三名園・岡山後楽園夜間特別開園です。



 今年2010年は、7月29日から、8月8日と、



 8月10日から15日までありました。



20100812_img_5754



 灯りに照らされると、いつもの後楽園とは趣が違います。



 なんとなく 日本昔話の世界のようで、



 障子に、鶴がはたを織っているシルエットが うかびあがってきそうです。



20100812_img_5759



 小川に沿って、白色や青色の灯りが 綺麗でした。





 クリスマスの頃、木につけるイルミネーションは、



 木は、来年の葉っぱをつけるために 



 深い眠りにつかないといけないのに



 夜中じゅう 明るいと ずいぶん苦しいらしいそうですが、



 この「幻想庭園」は、期間が短い上に 夏の夜 九時半までということで、



 ほんとに木々たちに優しい 思いやりのあるイルミネーションだと思います。



20100812_img_5762



 後楽園の中の一角では、お弁当や焼きそば、ビールなども売られてました。



 小さなランプ風の灯りが置かれたテーブルや椅子がたくさんあり、



 みんな 食べたり飲んだり おしゃべりしたりで、



 ほんとに ゆったりと 夏の夜を 楽しんでました。 



20100812_img_5767



 後楽園の一番奥のほうの芝生の上に特設ステージがあり、



 この日は、備中・美作地域からの「国文祭PR隊」が熱唱していました。



 岡山市後楽園の「幻想庭園」、ほんとに幻想的で素敵でした。



  

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR