FC2ブログ

吉備路の春

Img_0818



 昔ながらのわらぶき屋根の古民家も見え、



 まるで、にっぽん昔話のような場所です。



Img_0819



 満開の桜が、ため池の水面に映って、幻想的です。



 早春には、この桜の後ろの梅林が、赤、白 桃色に、



 みごとに咲いて それも ほんとうに美しい風景です。



Img_0820



 このあたりは、四季折々の美しさが楽しめる、



 ほんとうに癒される、清々しい空間です。



 散歩には、最適のコースです。



Img_0824



 池には、カイツブリ(水鳥)がいて、



 (岡山では、お年寄りの人は「キャーツブリ」と呼んでいました。)



 忙しそうに、水の中にもぐったり、出てきたりしていました。



Img_0825_2



 対岸の古民家の庭からは、賑やかな沖縄の音楽が・・・!



 子ども達が、真剣に沖縄の音楽にあわせて、



 沖縄の踊りを練習していました。



 のどかな吉備路に流れる、沖縄の音楽。



 不思議に、異国の雰囲気をかもしだして、



 なんだか異次元空間にいるみたいでした。



  



 

スポンサーサイト



吉備路の春の花たち

  * 吉備路の道端に咲いていたスミレ *



Img_0813



          ( 写真撮影 2011 4月上旬  岡山県総社市 吉備路 )



  4月上旬、備中国分寺から、国分尼寺跡付近を散歩していると、



  道端に 小さなスミレがあちこちに咲いていました。



  タチツボスミレでしょうか、清楚で可憐な ほんとに小さな花です。



  気をつけて下を見てないと、見逃してしまう小ささです。



  山に行くと、背丈が20センチほどもある、



  これに似たオオタチツボスミレというスミレもあり、



  山地で、これに良く似た匂いのあるスミレは、



  ニオイタチツボスミレというそうで、



  スミレは、ほんとに種類も多く、見分けにくいものです。





  * 吉備路の道端のタンポポ *



Img_0804



  春の吉備路を歩くと、あちこちにタンポポが咲いています。



  これは、たぶんセイヨウタンポポかと思います。



  日本の懐かしい風景に似合うので、



  昔から日本で自生しているのかと思いきや、



  ヨーロッパ原産の帰化植物だそうです。



  タンポポも、セイヨウタンポポとカントウタンポポの



  見分けが難しいところですが、



  花の下の総苞(そうほう)と呼ばれる、



  蕾を包んでいるガクのような部分が、



  下方にそり返るのが、セイヨウタンポポで、



  そり返らないのが、カントウタンポポだそうです。



  タンポポコーヒーというのを、以前飲んだことがあります。



  タンポポの根を、コーヒーのように煎じた飲み物ですが、



  あっさりとして美味しかったです。



  タンポポなら、元気が出そうで、身体にも良さそうですね。





  * 吉備路 備中国分寺のお庭のチューリップ *



Img_0835



  吉備路の五重塔で有名な、備中国分寺のお庭のチューリップです。



  これは、まさに あの童謡・・・「♪ 咲いた、咲いた チューリップの花が、



   並んだ、並んだ 赤、白、黄色。 どの花見てもきれいだなーー♪ 」



  状態じゃないですか・・・! ほんとに幼稚園で歌った歌のままです。



  チューリップたちも、並んで楽しそうに歌っているようです。

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR