FC2ブログ

高知県立牧野植物園の花皿鉢

131145



 花皿鉢(はなさわち)とは、



 高知の皿鉢(さわち)料理を、花で表現したもので、



 かなり大きな白いお皿に、たくさんの花々が盛られ、



 巨大な赤いお箸が添えられてるものもあります。



144



 これらの花皿鉢は、ガーデンデザイナーの、



 吉谷桂子さんのプロデュースによるものです。



136



 大きな白い大皿に、これでもかというくらいに



 寄せ植えされた美しい花たち・・・なんとも豪華です!



157



 南国土佐の牧野植物園ならではの、おもしろい趣向です。



 高知の皿鉢料理は、大きなお皿に、寿しや羊羹、果物まで、



 いろんな種類のご馳走を、全部盛り合わせて、



 お客様にもてなすという、土佐ならではの豪快な料理です。



 それを、花で表現しようと、思いつく発想が凄い・・・!



150



 高知の尾長鳥がモチーフでしょうか・・・。



151



 いろんな植物で作られて、ユニークです。



143



 5月中旬の今頃が、まさに百合も満開で、



 ほんとうに見応えがあります。



 この世の楽園のような美しい「花皿鉢」です。







 



高知県立牧野植物園の百合

178



 ( 写真撮影 高知県高知市五色台 高知県立牧野植物園 2012.5.13)



 5月中旬、南国の高知は、百合の花が満開です。



 高知県立牧野植物園の百合の花々の見事なこと・・・!



176



 黄色い百合の花に、オレンジ色の百合の花・・・。



162



 美しい緑色のギボウシの横には、薄桃色の百合が・・・。



163



 花びらのふちに、朱色の輪郭線のような色のすじがあります。



 朱色の点々もはいって、可愛い百合です。



159



 ロックガーデンには、鮮やかな真っ赤な百合が見えます。



160



 目の覚めるような見事な赤い百合の花です。



 百合の花にも、いろんな色があるんですね。



 清楚で、気品ある雰囲気の白百合等に比べて、



 赤い百合は、情熱的で、生命力に溢れている感じです。

自分を見つめる方が先

Photo_2



                       写真    竹林  栄一



   「自分を見つめる方が先」



   自分の心が 荒れてる時は



   人のアラだけ 目にとまる



   自分の心が 穏やかならば



   サラリサラリと 受け流し



   良きことだけを 目に入れる



   すべては自分の 心の模様



   自分の心を 写して見てる



   やっかいなのは 自分の心



   責任転嫁は 出来ぬもの



 

呼吸で心を落ち着ける

Photo



                       写真    竹林 栄一



    「呼吸で心を落ち着ける」





    小さな花の ささやきに



    耳を傾け 声をきく





    そんな心のゆとりが大事





    目をつむり ほんの五分の深呼吸



    世界の軸を 自分に戻す

地球にも喜んでもらいたい

Photo



                            写真   竹林 栄一





    「地球にも喜んでもらいたい」





     星のように 小さな花が



     いくつもいくつも咲きならび



     銀河のように きらめいて



     多くの人を 喜ばす





     小さな葉っぱも



     重なりあって



     大きな木陰を 作り出す



     多くの人を 癒してる





     地球の上に 人間も



     こんなに たくさん いるけれど



     地球に 何をしてあげただろ

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR