FC2ブログ

倉敷雛めぐり・新渓園のお雛様

2011_273_2 



 ( 写真撮影 倉敷市美観地区 大原美術館敷地内 新渓園 敬倹堂 2012.3.4)



 大原美術館の本館と分館の間にある、日本庭園 



 新渓園の敬倹堂の中に、倉敷雛めぐりの期間中、



 飾られている、いろんな種類のお雛様たちです。



 かなり古い年代のものから、最近 作られたものまで、



 さまざまな時代のお雛様の違いを、比べて見ることができます。



2011_306_2



 このお雛様は、明治中期に作られたもののようです。



2011_308



 すごく古い着物です。歴史を感じます。



 獅子でしょうか。錦糸で、刺繍がされています。



2011_280



 こちらに並べられているお雛様たちも古い時代のようです。



 いろんな御殿があります。



2011_289



 これも、年代物の雛御殿です。



 大正時代、大正10年のお雛様のようです。



 この時代、派手な感じではなく、落ち着いた印象です。



2011_290



 現代のお雛様と比べると、小さめの人形です。



 漆塗りの黒い床に、赤い欄干が印象的です。



2011_283_3



 こちらは、昭和 になってからの雛壇です。



2011_293



 この上の写真は、昭和35年頃のお雛様のようです。



 だんだんと、豪華な飾りの御殿になってきました。



2011_270_2



 この雛壇は、豪華絢爛といった感じです。



 昔の年代のお雛様は、御殿飾りが見応えがあります。



 日本の究極のドールハウスといった感じで、



 いくつになっても、お雛様には、心惹かれます。





















2011_312



      (写真撮影 岡山県倉敷市 美観地区 新渓園 2012.3.4)



 倉敷美観地区、大原美術館の敷地内にある新渓園です。



 倉敷雛めぐりの期間中、お座敷に上がれるので、



 縁側の方から、お庭を見ることができます。



2011_315



 日本庭園の左端、小さなあずまやにもお雛様が・・・。



 お雛様も、心ゆくまで 庭を眺めているご様子です。



2011_316



 新渓園は、庭の左側から真ん中へ、



 ぐるっと小川が流れているような感じです。



 真ん中の小島には、石灯籠が見えます。



2011_313



 庭の右側、石橋の向こうにも あずまやがあります。



 大原美術館の分館前の空間からは、



 このあずまやの方が よく見えます。



 分館前の方から見る新渓園は、また違ったふうに見えます。



2011_317



 新渓園の敬倹堂が、お座敷が56畳という、かなりの広さだけに、



 そのお庭も、縁側に沿って 横長で 広い庭になっています。



2011_318



 縁側の先のほうには、大きな変わった形の手水鉢が・・・。



2011_326



 細長い縁側が続き、しっとりとした雰囲気です。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR