FC2ブログ

小麦酵母のぱん屋便り・2012冬号

Photo



    友人のパン屋の冬のチラシ作りました。



   このチラシに載せているカンパーニュも、



    カップケーキも、シュトーレンも、



   試食させてもらいましたが、美味しかったです!



    特に、クリスマスの時期にしか売られていない



   ドイツ伝統のクリスマスのパン・・・シュトーレンは、



    なんとも大人の味わいです。



   詳しくは、「倉敷市茶屋町の小麦酵母のパン屋」



    のブログで、是非 ご覧ください。



    「小麦酵母のぱん屋」 http://komugikoubo.blog.fc2.com/



2012_350



  大きいサイズのシュトーレン・・・すごく手間隙かかっているし、



   材料も、すごくいいものを使っているので、1700円と



  お値段は高めですが、大人の深い味がします。



   高級なクリスマス菓子だけあって、



  他のパン屋さんでも きちんとした材料で、



   本格的な作り方をしているものは、やはり



  どこも同じくらいの値段か、もっと高いみたいです・・・。



2012_363



  シュトーレンなど食べたことがないという人は、



   この小さいサイズ (1個 ¥320 )がいいかもしれません。



  小さい方は、マジパンは入っていませんが、



   こちらのほうが、パン生地に近い食感です。



 マジパン(アーモンドの粉末とシロップをペースト状にしたもの)が



  はいると 焼いてすぐのものは、サクサクとした食感です。



 友人の話によると、1ヶ月は 日持ちするので、



  寝かすと、12月末のクリスマス頃には、



 洋酒漬けのドライフルーツと生地が馴染み、



  熟成された深い味になるそうです。



 そして、一日に1枚ずつスライスして食べ、



  味の変化を楽しむのだとか・・・。



 ワインのように、熟成するのを待つ、



  こんな大人のお菓子・・・うーん、渋い・・・。



 そんなパンだとは、つゆ知らず、



 去年は、パン屋さんから持ち帰ると、



  すぐに全部食べてしまいました・・・。



 今年は、ちゃんと友人に言われたとおり、



  きちんと包んで、冷暗所にキープ。



 ほんとか、どうか、どんなに味が違うのか、  



  クリスマスの日に食べるのが楽しみです。







   



   



 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR