FC2ブログ

総社宮の絵馬

351



                       ( 写真撮影 2012.7月初旬 )



  岡山県立大学のデザイン学部の学生さんたちが



 作成した、総社宮の「絵馬っぷ!」を見ると、



 宮司さんにお願いすれば、



 (祭典や神事の日を除く 午前8時から午後4時の間)



 総社宮の中の絵馬を見せていただけると書いてあるので、



 早速、宮司さんに お願いして見せていただきました。



327



 宮司さんに、ブログに写真掲載のお許しをいただきましたので、



 あまり綺麗に撮れませんでしたが、絵馬の写真を載せてみます。



  上の写真の絵馬は、



 祭殿に入ってすぐ上に奉納されている、



 「貴人行列図」のようです。



329



  宮司さんが、ひとつひとつ丁寧に説明してくださったのですが、



 絵馬の数が多くて、この上の写真はなんの絵馬だったか



 忘れてしまいました。勇ましい感じの絵馬です。



331



  この上の写真の絵馬は、「林 和靖図」(りんなせいず)といい、



 大原呑舟(おおはら どんしゅう)という画家の作品だそうです。



342



 他にも、たくさんの古い絵馬の数々が・・・。



343



 昔の絵馬の中に、なんと白い象まで描かれています。



347



  絵馬「弁慶牛若丸図」には、勇ましい弁慶と、



 身軽に飛び回る牛若丸の姿が・・・。 



337 



  この絵馬ピンボケで、申し訳ないですが、「舞楽図」です。



 この絵の方は、女性のように見えて男性だそうです。



 蘭陵王というこの男性は、みんなが見とれるほどの



 美しい顔立ちだったため、戦いに行く時は、



 士気を高めるため、鬼のお面をかぶって行ったそうです。





353



  表からだけでは わからない総社宮の奥深さ。



 学生さんたちの作ってくれたパンフレットのおかげで、



 総社宮の新たな魅力を発見できました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR