FC2ブログ

熱中症の予防



  * 健康お役立ちメモ *


     連日の猛暑で、熱中症になる方が増えてます。


    先日 テレビの朝イチで放送されていた


    熱中症予防「かくれ脱水」についてメモしました。


 


  *** 熱中症予防 ***


   * 早め早めに 水分を補給する。


      経口補水液が 失われた電解質を補うので、効果的。


      市販されているが、家庭でも簡単に作れる。


      ◎ 経口補水液の作り方


        ○ 水 1ℓ 


        ○ 塩   小さじ2分の1 (3g)


        ○ 砂糖  大さじ4杯と2分の1 (40g)
 


         (これを溶けるまで混ぜて、コップ1杯を30分かけて飲む。


           好みでレモン汁を適量 入れると、飲みやすい。)


   * 熱中症の前兆である「かくれ脱水」の状態で、


     この経口補水液を飲むと 熱中症の予防になる。


   * かくれ脱水は、熱中症の最初の段階で、めまいやたちくらみ


      などの症状がある。


     夏バテなども、かくれ脱水が原因にあることが多く、


     身体の水分が減ると、消化機能への水分が減るため、


     おなかをこわしたり、下痢などの症状がでたりする。


   * かくれ脱水の見分け方


      * 握手すると手が冷たい(血行不良のしるし)


      * 舌がザラザラして赤黒くなる。


      * 親指の爪を強く押して3秒過ぎても色が戻らない。


      * 手の甲の皮をひっぱって、放すと


        3秒以上たっても元に戻らない。


      等が おこっていると かくれ脱水の疑いあり。


       かくれ脱水になると、ただのお茶や水だけでは、


      なかなか治らない。


       身体に必要なナトリウムなどの電解質などを


      バランスよく含んだ経口補水液のほうが効果的。


   * 夏場は 草刈りや車の運転中でも熱中症が起きやすい。


     作業や運転に夢中になっていると、身体が無理をして、


     脱水状態になっていても なかなか気づかない。


   * 特に高齢者は、汗をかきにくく 暑さに対して鈍感に 


     なっているため 脱水状態であると気づきにくい。


     湿度が高くなると、いよいよ熱が体内にこもるため、


     家の中ででも 熱中症になる恐れがある。




   * 外に出かけるときや、蒸し暑い日、


     肉体作業をする前などは、前もって早めに


     水分補給をすることが重要。


   * 不規則な生活や睡眠不足の状態だと、


     熱中症になりやすい。


      また朝ごはんを抜くと、食事からの水分も摂れないので、


     熱中症になりやすい。


   * なによりも規則正しい生活や食事が大切。


     そして、早めに経口補水液を飲んでおくことが大切。


     


       ・・・・・とのことです。「かくれ脱水JOURNAL」というホームページも


       あるそうで、詳しく載っているそうです。


        皆様も くれぐれも熱中症にはご注意ください。


        無理は禁物です。暑いと草もよく伸びます。


        それでも、気にして、暑い中 頑張って草刈りすると


        熱中症になって倒れますので、ここは我慢です。


         この まだ暑さに慣れてない 今の時期が


        一番 危ないそうなので ご注意ください。


          
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR