FC2ブログ

しみじみとした涙とまらず、の巻(超おびえ猫ナナちゃんの話No.91)

 2006年1月17日、 こうやって、二階の部屋のこたつに寝ころぶと、ナナちゃんが まだ足の上に乗ってきそうで・・・。



 嬉しいのに、ほんとにとっても嬉しいのに、しみじみと ありがたいのに、まだ時々 涙が出るのは なんででしょう。



 ドアを開けると、ダンボールハウスから ごそごそと出てきて、立ってた姿を思い出します。



 星がキラキラしているような、うるうるとした つぶらな瞳。



 抱っこしてと、「ニャッ」と短くないて、とびついてきて ゴロゴロいってた、あの姿。



 たった三ヶ月間、いっしょにいただけの猫なのに、こんなにも情がうつり、こんなにも涙もろくなったのは、やはり、よる年波のせいなのか・・・。



 2006年1月19日、 ミーニャが朝、ちゃんと起こしに来てくれるようになりました。



 そういえば、ナナちゃんが居る時は、おこしにもこなかったミーニャ。「起きて、起きて。」と、ふすまをガリガリと とぐ音を、久しぶりに聞きました。



 朝、家事をすませ、二階に上がり、またIMUさんが下さった手紙を見ました。



 手紙の最後に「 IMU ナナ 」と書かれてあるのを見て、また涙が ちょちょぎれてしまいました。



 「あー、ナナちゃん、よかったなー。ほんとに、ほんとに、IMUナナちゃんになれて、よかったなー。」と、しみじみ思うと、なんべんでも泣けてしまいます。



 この、しみじみとした ちょっと寂しい嬉しさ。繰り返し 思い出をたどる日々・・・。これって、娘を嫁に出した親の気持ちの疑似体験!?



 ああ、なんか、先が思いやられそう・・・。



 今の私の特技!?は、ナナちゃんのことを思い出すと、いつなんどきでも、しみじみとした嬉し涙が、出せることです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR