FC2ブログ

妖精たちの夢絵本(No.12「クローバーに思うこと」)

  * クローバーに思うこと *



ふと、クローバーを見かけると、昔の幼なじみに会ったような気がします。



夕焼け空に変わっても、四つ葉を必死に探していた少女の頃を、いつも思い出してしまうのです。



ひたむきだった少女の頃の夢と、風に揺れてるクローバーが、オーバーラップしてきます。



 クローバーって不思議です。家でも四つ葉探しがしたいと、野原のすみのクローバーを、うちの花壇に植えました。



 けれど、いつのまにか花壇のクローバーは消え、れんがの隅から枝が伸び、地面に降りていってしまいました。



 今は、草と芝生が混在する庭の真ん中に、こんもりと茂っています。



 肥料分のある、よい土よりも、荒地の方が好きなのでしょうか。



 なんにも育ちそうにないところにこそ、しっかりと根を張り、花を咲かせる たくましいクローバー。



 人の夢も、本来そんな底力を持っているものかもしれません。



 花屋さんに並ぶ花も素敵だけれど、クローバーに特別な親近感や、友達のような安心感を持つのは、自然とともに生きてる強さにひかれるせいかもしれません。



「辛くなったら、いつでも会いに来て。私たちは、ここにいるよ。」と、野原で待ってくれているようです。



クローバーは、いつでも帰れる「夢のふるさと」のような、不思議な力を持つ植物だと思うのです。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR