FC2ブログ

癒されるアンティークオルゴール

 師走にはいり、なんだかとても気ぜわしくなってきました。



 それでも、忙しいからと、毎日バタバタ過ごしていると、



 気がつくと、身体は ガタガタ、 肌は ガサガサ。



 心もパサパサしてきたら、要注意です。 やはり人間 心も身体も休憩が必要です。



 美しいものを見たり、聴いたりすることで、心にも栄養をあげなくては・・・。



 岡山県南部、倉敷市で お勧めは、ここです。



Img_1315





Img_1307



  赤や黄色に紅葉したツタの絡まるアイビースクエアの敷地内にある、



  アンティークオルゴールの音色を楽しめる場所、



  オルゴールミュゼ 「メタセコイア」です。



Img_1290



 今のクリスマスシーズンは、オルゴールミュゼにはいるとすぐ、



 素敵な青いクリスマスツリーが、出迎えてくれます。



Img_1293



   この古い洋館のなかでは、アンティークオルゴールの小さなコンサートが開かれ、



  昔の人々が楽しんだであろう音色を、今も聴く事ができます。



  広い部屋の左側には、オートマタといわれる自動人形がいます。



  左がビューティフルマジシャンのからくり人形で、右は人魚姫です。



  人魚姫は、現代の人形作家の作品ですが、ビューティフルマジシャンは、



  1930年代のものだそうです。



Img_1295



  こちらの哀愁漂う、気品のあるピエロのオートマタも、



  1930年代のものだそうです。なんだか心ひかれます。



  心を込めて作られたものは、何十年たとうが、輝きが消えないものなんですね。



  こういう静かに動く、からくり人形のオルゴールを、



  昔の人は、感動しながら何度も じっと見るほど、時はゆっくり流れていたのでしょう。



  大切なものを見失わないように、もっとゆっくり 



  ゆっくり 生きていっていいんだよと、語りかけてくれているようです。



Img_1296



 館内には、重厚で豪華なアンティークオルゴールが、並んでいます。



 季節に合わせて、何曲かの音楽を選び 説明しながら、聴かせてくれます。



 秋に来たときは、「里の秋」とかの日本の曲も聴くことができました。



 アンティークオルゴールの深い透き通った音色は、なんともいえず味わいがあります。



 冬には、クリスマスコンサートとかもあるようです。



Img_1301



 自動演奏ピアノの音色も楽しめます。人が弾いてないのに、鍵盤が動くのが不思議です。



Img_1297



  部屋の右側には、赤い可愛いクリスマスツリーも飾られていました。



  忙しい現代社会から、ほんのひと時だけどタイムスリップして、



  ゆっくりとした時間の流れを感じることが出来る貴重な場所です。



  演奏時間30分の短いコンサートですが、癒されるお勧めの空間です。



      ★ オルゴール ミュゼ ・ メタセコイア ★



     コンサート  午前10時より一時間ごと(一日七回 正午は休み)



      演奏時間 30分  入場料 大人500円 小中学生300円



       10時から午後5時半  定休日 火曜日    (2009.12月現在)



Img_1306



 右側の古い洋館が、オルゴールミュゼ「メタセコイア」です。



 建物の向こうには、名前の由来となった樹木メタセコイアが、紅葉しています。



               (撮影 倉敷市本町 倉敷アイビースクエア内 2009.11.26)

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR