FC2ブログ

怒ると怖い ちっちゃな獣の巻(超おびえ猫ナナちゃんの話No.23)

怒ると怖い ちっちゃな獣の巻 2005年10月10日の夜



子猫が、ダンボールハウスに はいってくれて、なんとなく気がゆるんだ私。夜、つい ドアをバンとあけて はいってしまいました。



すると、まあ 怒る!怒る!



シャーシャー フーフー シャーシャー フーフー



もう、毛を逆立てて、身体は丸めて、でも足は四本 伸ばしたままで。口は 化け猫みたいに さけた感じで、火でも吹きそうな勢いです。



「もう こわい。こわすぎる・・・。」



大きい野良猫なら、怒っても そんなものかと、納得しそうですが、まだまだ こんなに ちびすけなのに。



なんとなく、悲惨な 野良子猫生活だったことが、想像されます。



私の猫好き友達の話では、おねえさんが、虐待をうけた猫を、引き取り 飼いはじめたけど、その家に なじむまで 何年もかかったとか。心に受けた傷は、人間の想像より 大きいんですよね。



でも、考え方を 変えれば、愛情をかけてあげれば、長い年月が かかろうと いつかは傷も癒え、気持ちが通じ合うということですよね。



この子猫も、どんな目にあってきたかは、わからないけれど、気長に接すれば、きっと心の氷も溶ける日が来るはず。



怖い気持ちが先にたって、ちっともかわいく思えないけれど、まあ ゆっくり気長に接していけば、いつかは かわいいと思える日がくるかも。



里親さんを探せれるのは、まだまだ先になりそうです。フー。





関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR