FC2ブログ

天狗伝説の話

 夢をきっかけに、いろいろ調べてみましたら、日本に天狗伝説が、いまもなお語り継がれていることがわかりました。



 天狗は、妖怪や魔物といわれ恐れられているところもあれば、山を守る守護神として神社に祭られているところもあり、また山で修行した行者や山伏が、死後に化身して 山を守っているといわれているところもあるなど、さまざまらしいです。



 よく昔話にでてくる鼻の長い天狗は、大天狗といわれているらしく、その配下に 烏天狗がおり、そのまた子分は子天狗といわれてます。



 大天狗は、扇と巻物(経典)を持ち 文武両道の「文」を司っているとか。



 一方、烏天狗は文武両道の「武」を司り、手には剣を持っています。



 夢で見た、山伏か行者のような人々が とりかこんでいた巻物は、大天狗が守る巻物(経典)だったのでしょうか。



 なぜか夢に、巻物がでてきた偶然も 少し鳥肌ものに思えます。



 こんな話をしていたら、娘が、漫画「結界師」の14巻を持ってきて、「これこれ、これにも烏天狗や大天狗でてくるよお。」と、みせてくれました。



 やはり、大天狗につかえる鴉天狗たちが、すごい苦労をする話で、漫画なので、おもしろく描かれてました。



 全部が全部、空想ではなく、ちゃんと伝説もふまえた興味深い展開にしていて、思わず時間を忘れて、ついでに出ている全巻 読んでしまいました。



 「結界師」。おもしろいです。でも黒猫の話は泣けました。



 ずっと、歴史ものが大嫌いだった私ですが、見えない世界が、根底にあり 見える世界を形作っていたことに、いまさらながら気づき、歴史ものを見る目が変わりました。



 ただひとつの石像は小さくても、背後にある時の流れや、いにしえの人々の祈り それをいまもなお守っている力、そういうものは 想像を超えるほど大きなものかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR