FC2ブログ

友達がニングルテラスで見た金の粉の話

 No.19 「友達がニングルテラスで見た金の粉の話」



 先日、北海道旅行から帰ってきた友達(Sちゃんママ)から、とっても不思議な話を聞きました。



 この夏休み 家族四人で 北海道に行き 新富良野プリンスホテルに宿泊したそうです。



 ホテルの横の森の中に「ニングルテラス」という とても小さなログハウスが立ち並ぶ場所があって、一家はそこに寄りました。



 たくさんの小さなログハウスは、かわいい店だったりクラフト工房だったりで、一家は そのなかのコーヒーハウスに入って休むことにしました。



 店に入り、椅子に一家四人 腰掛けた瞬間、Sちゃんママは 自分の右側のあたりで キラッとなにかが光るのが見え、「えっ!」と思ってよく見ると それが金の粉のように ふわーっと広がって それから消えたそうです。



 「今のなにっ!?なんか金の粉みたいなのが・・・」と言うと、小学6年のSちゃんも、Sちゃんパパも はてなマークの顔。



 でも小学一年生の弟 Kくんは、「僕も見えた!おかあさんの右側で、なんかが金色に光って、それが わあーって金色の粉みたいなのが広がって消えた!」と、興奮して言ったそうです。



 SちゃんママとKくんは、向かい合って座っていたので、見た位置が多少ずれていました。



 二つの金の光と粉が、同じ瞬間に光って 別々のものを二人が見たようです。



 「ほんとに不思議だったわあ。これってなんだと思う?やっぱりニングルか妖精?」とSちゃんママは、不思議げで、嬉しそうでした。



 「ニングルテラス」のニングルとは、作家 倉本聡氏の著者「ニングル」の作品に登場する昔から北海道の森に住む身長15センチくらいの「森の知恵者」のことで、アイヌ語でニンは「縮む」グルは「人」の意味だそうです。



 Sちゃんママは、ニングルテラスの中を、小人や妖精に会えたら良いなあ と、思いながら歩いていたそうですが、まさかほんとにあんな不思議なものが見えるなんてと、驚いていました。



 いっしょに目撃したKくんは、幼児の頃いろんな モノノケのようなものが見えて ひどくおびえていた時期があり、アニメ映画「千と千尋の神隠し」なんかは、すごく怖がって見なくなったぐらいですから、もともと勘が強く見える体質なのかもしれません。



 以前、テレビ番組の「オーラの泉」のなかで、三輪さんや江原さんも 妖精とかの自然霊は、金の粒がキラッキラッと光るみたいに見えると、言われていたことを思い出しました。



 私も ほんとにごくたまに 金の粒みたいなものが一瞬だけキラッと光るのを見たりしますが、気のせいだろうと思っていました。



 でも案外ほんとに小人や妖精たち自然霊たちが、光ってなにかを伝えに来てくれているのかもしれません。



 私も、SちゃんママやKくんがみたように 光ったあと ふわぁーと小さい金の粉が舞うようなものは 見たことがないので、いつかぜひ北海道のニングルテラスへ行き、見てみたいものです。



 



 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR