FC2ブログ

倉敷・阿知の藤の巨樹

 倉敷美観地区といえば、倉敷川の岸辺の柳が連想されますが、地元で有名な大木は、藤です。



 この藤の大木は、よくぞここまで頑張って生き延びてくれましたと、ねぎらいたくなるような雰囲気があります。



Dscn8815



 倉敷美観地区のすぐそばに、鶴形山があり山を少し登ると、阿知神社があります。



 その境内のすぐ裏側に この齢を重ねた巨樹が静かに枝を伸ばしてたたずんでいます。



 巨樹の前の立て札には、「岡山県指定天然記念物 阿知の藤 樹齢 300年~500年 幹回り 1.5m 根元周囲 2.2m アケボノフジの名木で、同種のフジとしては日本一の巨樹です。毎年五月中頃になると、美しい淡紅色の花を咲かせてくれます。」と書かれてあります。



Dscn8816



 藤の巨樹の枝は、年々伸び続け、たった一本の木の枝で あたりは少し薄暗く、森の雰囲気がします。



 私が子供の頃は、まだ木の支えだけでしたが、あまりの枝の重さに、今はコンクリートの電柱のような支え柱が あちこちに設置されています。



 藤の巨樹を守ろうとする地元の方々の涙ぐましい努力が感じられます。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR