FC2ブログ

すごく早く走る翁(おきな)の夢

 前回の祖母や大叔母に会えた夢から数日後、なんだか続きらしい夢を見ました。



 それが、なんだか不思議な不思議な夢だったのです。



 夢の中で私は、田んぼのなかを走っていました。そこは、見渡す限り広々とした水田で、緑の早苗が さわさわと揺れていました。



 私は、時々浮かびながら、飛ぶように すごいスピードで 走っていました。



 「あー、そうか。これはきっと夢の中なんだ。じゃあ、きっと気持ちを しっかりもって 飛べると思えば必ず飛べるんだ。」と、思いました。



 そうすると、今まで浮いたり 沈んだり スピードに追いつけなくてバタバタ走っていたのが、急に足が放れて 猛スピードで飛び始めました。



 どこまでも続く水田の上を、すごい速さで飛び続けました。



 すると、向こうに 広々とした明るいところが見えました。



 水田の向こうには、一本の道が左右に横切っていて、その道の向こうには、さっぱりと剪定されているような松が、道に沿って並んで植わっているのが見えました。



 昔の東海道の絵のような さっぱりとして、他には何にもないようなところでした。



 昔っぽい赤土の一本道と、赤みがかった幹の松並木。そこは妙に明るく、その一帯だけ、日がさしている様な感じでした。



 すると、私の右側の向こうの方から、小さい何かが ものすごいスピードで走ってきました。



 見るとそれは なんと あの爺(じじ)婆(ばば)でした。



 結納の時にある、あの おめでたい、とも白髪の老夫婦です。それが、人形の大きさのまま、猛スピードで走っていました。



 爺婆は、ほうきや熊手を すごい速さで動かしながら、一本道の真ん中へんに向かって 真剣な顔つきで走っていました。



 「えっ!?なんで?」と、思って 一本道の左のほうを見ると、何人かの人々が、談笑し お別れを 言い合っているらしい情景が見えました。



 近づいて よく見ると、一本道を隔てて向こう側に 祖母と大叔母たちがいて、道より こちら側には祖母の娘の伯母や叔母たちが何人かいました。



 祖母も大叔母も伯母たちも、みんなすごく楽しそうに、いろんなはなしをしながら、別れのあいさつをしていました。



 それが、明るく清々しい松並木の下で、さっぱりと明るく優しい感じの情景でした。



 たぶん、あちらの世界へ旅立つらしいのに、少しも しんみりとした暗い影はなく、ほんとうに明るい光の中に行くという感じに思われました。



 覚えているのはこんな感じで、目が覚めたので、そのあと あの爺婆たちは どういう動きをしたのか、なぜ爺婆が登場したのか まったくわからないままです。



 ほんとに不思議な夢でした。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR