FC2ブログ

夢の中のかわいい雑貨屋さん

  夢の中で外国のかわいい雑貨屋さんへ行ってきました。



 2008、1,14 朝 見た夢です。それはそれは おもちゃばこの中にはいったような楽しい夢でした。



 私が、その雑貨屋さんにはいっていくと、中は少し薄暗く天井は低く、なんだか秘密基地に入っていくような感じでした。



 店の中は、少し高めの飾りだなが、あちこちにあり迷路みたいで、天井からは、昔の裸電球のような黄色い灯りが、たくさん吊り下げられていました。



 その黄色い灯りが照らし出しているのは、見たことがないおもしろい雑貨の数々。たくさんのアンティークな飾り棚に、まるで蚤の市のように ぎっしりと人形や陶器や置物や可愛い雑貨たちが並べられていました。



 私は胸がわくわくして、たくさんの雑貨を一つ一つ感心しながら見て回っていますと、その中でも目をひいたのが、緑のはねうまみたいなおもちゃでした。



 手のひらに乗せてながめると、馬のような犬のようなドラゴンのようにも見える不思議な形でした。



 緑の長い毛でおおわれているので、輪郭がはっきりとわからないのですが、頭の上にも黄色い飾り毛のようなものがついています。



 足の横についているぜんまいを回して置くと、すごく不規則にぴょんぴょん飛び跳ねて、まるで生きているみたいでした。



 私はこれをあとで絶対買って帰ろうと思い、とりあえず置いて他のものを見て回りました。



 店の中には、ドイツやらフランスからのたくさんの観光客がいて、みんな楽しそうに見ていました。



 私は、店内を一周して見て回ったあとに、あの緑の毛のおもちゃを買おうと探しましたが、みあたりません。



 あまりにもショックで、泣いていたら 店の奥のカウンターから店主の白人の女性が来てくれて、「緑のドラゴンなら、あそこにいるわよ。」と、教えてくれました。



 行ってみると、なぜか10センチ×10センチぐらいの缶の中に灰が入れてありました。よおく見ると、なんだか小さい緑のものが頭だけだして灰のなかに埋まっていました。



 ひとつひとつ引っ張り出してみると、それは小さな小さな緑のドラゴンでした。ひとつひとつが、それぞれポーズをとっていてユーモラスな感じでした。



 でもなんとなく引っ付けてみると、なんとそれぞれの身体のくぼみに、ぴったりはまって びっくりしました。



 ドラゴンなのに、まるでムーミンみたいに おっとりとした可愛いドラゴンでした。



 夢の中では、なぜか私と店主は以前からの友達で、今までに私が日本から贈ったハンドブックやハンカチやシルクのきれいな布を、私に見せてくれたりしました。



 それは、とてもきれいな箱に使わないまま大事にしまってくれていて、夢の中で私は感激しているのでした。



 70年代のヒッピー風な自由な感じの、その店主の女性とは、思い出話に花が咲いて、その居心地のいい店の中で、私はずいぶん楽しい時間を過ごした、そんな不思議な夢でした。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR