FC2ブログ

フランスの古い教会の入り口

Img_6011



   ( 写真撮影 フランス アキテーヌ地域圏 ピレネー・アトランティック県



           バイヨンヌ郡 サン・ジャン・ド・リュズ 2011.7.21 )



  この美しい石造りの古い教会は、サン・ジャン・バティスト教会です。



  海バスク地方のサン・ジャン・ド・リュズが有名な観光地なのは、



  風光明媚な土地に加えて、こんな古い美しい教会があるためです。



Img_6013



  こちらが、サン・ジャン・バティスト教会の入り口です。



  重厚な石造りの、立派な玄関ですが、



  実は、この右端に、昔は もうひとつ入り口があったのだそうです。



Img_6014



 それが、この写真の左端の石の壁の部分です。



 ここに、昔 もうひとつの入り口があったそうです。



Img_6022



  昔 入り口があったところには、今は こんな説明文が・・・。



  ミシェルの説明によると、このサン・ジャン・バティスト教会は、



  昔 フランスの国王ルイ14世と、スペインの王女マリー・テレーズの



  結婚式が行われた有名な教会ということでした。



Img_6023



  当時の結婚式の様子が描かれた絵の写真も貼られています。



Img_6024



  この盛大な結婚式が行なわれた後に、この入り口は塞がれたそうです。



  ジャンとミシェルの自宅に戻った時、ジャンが、観光地や教会のことで



  わからないことがあれば何でも聞いてくれと、言ってくれたので、



  サン・ジャン・バティスト教会の入り口が、



  どうして塞がれたかわからないと言うと、説明してくれました。



  それは、フランスの国王ルイ14世のためだけの入り口なので、



  結婚式のあとに、ルイ14世は この土地を去ってしまったので、



  教会の入り口は 塞がれたということでした。



  うーーーん。わかりましたが、自分だけの入り口があるなんて、



  そして、去ったら そこを塞いでしまうなんて、



  当時の権力者は凄いものですね。



  



  



  









関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kenken358

Author:kenken358
ken ken
主に妖精・小人・天使のイラストを描いています。
趣味は庭仕事・ガーデニングです。
minneで作品を販売しています→https://minne.com/@358fairy/profile

検索フォーム
広告


最新記事
最新コメント
広告


リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR